事業概要

諸外国から日本へやってきた留学生が日本での就職を望む場合、日本人学生の就職とは少し異なる課題に直面します。
さらに、日本の企業が求める就職に関する条件をクリアしなければなりません。
そのために、日本人であれば日本での生活の中で自然に身につく就職観・企業観・マナーについて、留学生は一から改めて学ぶ必要があります。

そこで、このプログラムでは、本学・熊本県・熊本県経済団体(熊本県情報サービス産業協会、熊本県工業連合会、熊本県社会・システムITコンソーシアム)で「熊本留学生就職促進コンソーシアム」を設立し、
  • 熊本大学ではビジネス日本語・キャリア教育等の教育プログラム、
  • 熊本県では「IoT推進ラボ」事業を通じた協力やインターンシップ先企業の開拓等、
  • 経済団体では実践的な教育協力のための講師派遣やインターンシップの提供等
の支援を実施し、留学生の県内外企業への就職が実現するよう全面的にバックアップする体制を整備しました。

これにより、平成33年度には熊本企業への就職者45人を含む、国内企業就職者65人を目標にコンソーシアムが一丸となって取り組んでまいります。

jigyo
Page Top